Gライン福井

特集

特集

災害に強いガス

マイホーム発電

エネファーム

わが家の発電所
エネファームはガスから水素を取り出し、空気中の酸素と化学反応させて、自宅で最大700Wまで発電します。年間発電量は一般家庭で使用する約5割をカバーします。
また、発電時に、お湯も一緒につくるので、給湯に利用でき、床暖房など温水暖房との組み合わせも可能です。
※パナソニック試算 戸建4人世帯を想定した年間のエネルギー消費モデル

わが家の発電所
わが家の発電所

自宅で発電するから高効率・省CO2
エネファームは、発電所で作っていた電気を自宅でつくるため、発電所では捨てていた熱をお湯として自宅で使うことができます。そのため、省エネでき、CO2も大幅に削減できます。
自宅で発電するから高効率・省CO2

※パナソニック試算:LHV基準により算出
LHV=燃焼ガスを完全に燃焼させた時に生成する水蒸気の凝縮潜熱を差し引いた発熱量

一次エネルギー消費を削減でき、
ZEHへの貢献度UP!

停電時でも電気とお湯が使えます
万が一の停電時でも、最大650Wまで電気が使えます。最長8日間(192時間)の発電を維持するので、照明やテレビ、携帯の充電などができます。
また、発電が継続することによりお湯やシャワーも使えるので安心です。
※最大650Wの発電出力には、ハイブリッド蓄電システムとの連携が必要です

停電時でも電気とお湯が使えます

万が一の断水時でも貯湯ユニット内のお湯(水)が使えます
災害で突然、断水した場合も、貯湯ユニット内のお湯(水)が使えるから、いざというときにも安心です。最大で約135L(トイレ約34回分)のお湯(水)を取り出し、雑用水として使用できます。
※飲用、調理用および入浴用には使用しないでください。

※機種により搭載されている機能は異なります。

詳しくはこちら

コンロが震度4以上で自動消火

コンロが震度4以上で自動消火
最新のガスコンロには、使用中に震度4以上の揺れを感知すると、自動的に消火する機能がついています。
火傷を負う原因にもつながるので、地震の時は慌てて火を消そうとせず、まずは自分の身の安全を確保。
揺れがおさまってからガス機器のスイッチを止めて、ガス栓を閉めるようにしましょう。

マイコンメーターが震度5以上でガスを遮断

マイコンメーターが震度5以上でガスを遮断
ガスを使用中、マイコンメーターが震度5以上の地震を感知すると、自動的にガスを遮断します。
地震が起きてもガスを止め、2次災害を防ぎます。

その他の特集情報

  • 料理はやっぱりガス
  • ラク家事 ガスのお家